何をしたいのかな

昨日は新盆の時のお礼に、古い友人の所へ行ってきた。

長期間に亘る不況で、苦労が多かったのだろう、随分と髪の毛が白くなっていた。従業員も年を取っていたが、定年にはさせないようだ。本人が仕事を続ける意志があるうちは、何歳になっても働いてもらうと言っていた。後継者が別方面に進み、彼が動けなくなったら閉鎖をするようだ。

長い間、我が家を支えてきた溶接機や、各種のサーキュラーテーブルなど、自己流で改良をしてしまったが、彼ならまた自在に作り替える事も出来る。現在、工場内にある機械や道具類で、使える物が有れば使って欲しいと話した。自分自身は、もう二度と自営をする気持ちはない。

カアさんが亡くなって、まだ4ヶ月しか経ってない。そのせいかも知れないが、今は全く働こうという気持ちになれない。もし、病院の清掃の仕事に就けなければ、それはそれで良いと思う。細々と、静かに一人で暮らし、気分的に立ち直れたら、カアさんと約束をして様に、子供の頃からの夢に向かって少しずつ勉強を始めたい。

最近、時々考えて眠れなくなる。人は何に向かって、何の為に生きているのだろうかと。親の跡取りとして工場を継がされ、結婚後は他人のパチンコの借金や自分勝手な婆さん達に振り回されてきた。今の自分に残されたものは、何も無いように感じられる。二人の子供を育ててきた、その時時の想い出くらいしかない。

人の一生は空しいものなのかな、などと、厭世観におそわれる。

やはり病院の清掃員

今日はオフィースクリーニング講座の最終受講日だった。午後からは合同面接会が行われた。それぞれが希望する企業に申込み、面接と企業説明をする。自分の希望は、あくまで病院の清掃員だ。

自分の希望する職場での募集がなかった。たぶん希望する企業であろう会社の面接担当者の方との面接をした。希望は表の中から選んだが、直ぐに自分の希望を話したら、即会社の担当者に連絡をして頂いた。明日か9月3日までの、改めて連絡を頂ける事になった。

全く希望を出していなかったのに、ある企業から面接希望を頂いた。今までの経歴と資格が目に付いたようだ。いろいろと話しをさせて頂いた。今後、新たな部門を設立するそうで、そのために目に付いたようだった。ただ、あくまでも自分の希望は病院の清掃だと伝えた。

給与から見ると、たぶん決して高いとは言えない。その給与が問題ではないのだ。カアさんが病室で一番気にしていたのが、自分の髪の毛が抜けてベッド脇に落ちて、周辺が汚れないかと言う事だった。一日に二回くらい来てくれた清掃員のおばさんが、ありがとうございますと言っても余り応答もなく、しかし周辺が常に綺麗にされていた。これからもし、自分が働くとしたら病院以外にないと思っている。

完治して退院する人も居るし、残念ながらカアさんのようになる人も居る。どの様な結果になろうとも、安心して清潔な快適な環境で過ごして頂く為に、自分は少しでも役に立ちたいと思っている。入院して不安になっている患者さんが、少しでも闘病に専念出来るように、そして介護やお見舞いの方も快適に過ごせるような環境作りに役に立ちたい。

病院の清掃や施設管理でも、患者の皆様の為に役に立てないなら、もう働く意志もない。オファーはありがたいが、多くの方のご心配はありがたいが、今の自分には病院の清掃員以外は考えられない。あの、素晴らしい病院で働ければ良いのだが。

情けは人の・・・

今日も妹が来てくれた。いつもの事ながら、一人暮らしを心配してくれてる。沢山のナスをもらい、何を作ろうかと迷うくらいだ。

妹が嫁に行った先で、随分と世話になり、親代わりに様々な場面で面倒を見てくれた人が、3年前に亡くなった。その後、毎日のように一人暮らしになった小父さんを助けようと、料理を作っては通っていた。今年に入ってから急激に痩せてきて、何度も医者に行くように進めたが、行ってきたと言うだけで埒があかず、強引に一緒に検査を受けてきたそうだ。検査結果はⅣ期の肺癌だったそうだ。

そんな事もあり、一人暮らしになった事を心配してくれて、片道1時間近くも掛けて、週に1回は必ず来てくれる。その度に大量の野菜と昼食と、夜の為にと総菜まで買ってくる。たぶん、こんな様に小父さんの面倒を見ていたのだろう。あの人は何も出来ないから、毎日のように通っていたようだ。それで全てを任せるようになってしまったのだろう。何もしなくなり考えなくなる事は、かなり危険な事だ。

ガンだけでなく、認知症まで始まってるようだ。子供は離れた所で所帯を持ち、2番目の子供が出来る。経済的にも大変だし、それよりも入院中の介護は簡単ではない。余り手を出さないように言ってあるが、大変だと言いながら、どうしても手伝っているようだ。簡単に子供が来られないからと言うが、必要以上に他人が手を出すべきではない。

カアさんが実家の親や、義母姉妹に利用されて殺されてしまったようなものだ。全て善意で年寄りを守ろうとしたが、やり過ぎれば他人は面倒な事を任せてしまう。しかも死ぬ前に成って、頼んだ覚えはないなどという始末だ。あの連中の親族達は異常だから仕方ないが、深入りは危険だ。

情けは人の為成らず、とは言うが、死んでしまえば巡り回ってくる事も無くなる。面倒な事は、人にやらせればいいと思うものだ。情が深いと、家族が迷惑だ。良く言っておいたが、どうかな。「義を見てせざるは勇無きなり」、これが長い間伝わってきた父方の血統の、最も悪い点だ。

独居老人の第一歩

7月28日、とうとうカアさんのお迎えは無かった。もう少し一人で頑張って、今までの分を取り返すように楽しんで、という事なのか。それとも見放されて、もう一緒には成りたくないと言う事なのか。あるいは、神も仏も無いと云うのが本当なのか。

時々、妹が佐野から、娘が藤岡から来てくれる。時には、法子の友人達も訪ねてくる。激励や励ましの言葉は、確かにありがたく思う。ありがたいが、頑張れと言われても、今の自分には何をどう頑張れば良いのかさえ分からない。

人嫌いを自認していたものだが、さすがに完全な一人暮らしが続くと寂しくなる。フッとしたときに、入院中の病室の臭いや、法子の身体の匂い、顔の表情、体の温もり、着替えの時の痩せてしまった体躯、白く張りの無くなった軟らかい腰や尻の肌、ざらついてきた足の皮膚、それらの事が生々しく思い出されてくる。

長い間、遠距離恋愛を続け、やっと自分の元に、自分だけのものになった喜びは、老いても醜くなっても病魔に冒されていても、何物にも代え難く愛おしい。その人をわずか10ヶ月間で失い、幾ら待ってももう再び会う事の出来ない事だけが現実となった。目的も無くなったのに、何を頑張れば良いのだろう。

目的もゴールという目標も無いままに、これからは一人での生き方を模索しなければならない。

続きを読む »

さようなら・・・カアさん

今日はカアさんの百か日。娘と孫と、三人だけで墓参りに行く。

とうとうカアさんは迎えには来なかった。本当に信じてはいなかったけど、今日が近付くにつれ、もしかしたらもう一度カアさんに逢えるのかもという、期待が次第に大きくなっていた。

お父さんは簡単にそういう事を言えるけど、私達子供だって、お父さん以上に悲しんでる。それぞれ口に出せないくらい悲しみ悩み、我慢をしてる。

確かに二人の子供は、普通の家庭のように母親に甘える事も少なかった。自分が両親を失ったときは、祖父が亡くなったときにも、これほどの悲しみではなかった。両親や祖父との、二人の時間が充分だったので、別れも納得できた。二人が納得出来ない悲しみは、母親との時間が少な過ぎたという。

子供達以上に、夫としても納得が出来ない悲しみがある。親子の「縁」も強いかも知れないが、夫婦と成る「縁」はそれ以上に深いものがあると思う。・・・しかし、カアさんの場合は、義母に対する親子の「縁」の方が強かったのだろう。いつかは自分の元に戻ってくると信じていたが、ついに戻る事もなく、迎えにも来なかった。

どうやら、完全にカアさんから見放されてしまったようだ。

続きを読む »

服喪期間は人それぞれ

昔から忌中期間と喪中期間とがある。忌中は神道により、50日間とされている。仏教でも四十九日法要があり、忌明けとされている。忌中期間は、あらゆるハレから離れ、神棚には半紙のような紙を貼り、ふさぐ。喪中は昔は決められていたが、戦後は無くなったと聞いている。

喪中ハガキなどがあるが、忌明けが済めば、通常は規制される事はなかったはず。いまは一般的に、その年の年賀ハガキは、喪中ハガキと成るようだ。

喪中は、奈良時代にはあったそうだ。当時は期間は決められていたようだが、これは悲しみを癒す期間だと思う。妻を亡くした場合は90日間、約3ヶ月間。夫の場合は、13ヶ月間だそうだ。大概は夫の方が先に亡くなるので、年末は喪中になると言う事か。昔の習わしとはいえ、男女の差は大きいように思う。

続きを読む »

痰を吐くという行為

宗教って、良く分からない。そして、その宗教団体に協力する人達は、本当に宗教というものや、死者というものに対してどの様に考えてるのか、良く分からない。今日、石材店の責任者と会い、本当に分からなくなった。

子供の頃に、ジイから代々伝わるという古神道を学んだ。様々な儀式の方法や考え方を教えられた。ある時に最も大事と思われる事を教えた、その最後に付け加えられた言葉は「『呪』(シュ:人を呪うと言う意味ではなく、一種の祈りのようなものと解釈してる)を送るも、受けるも、返すも、人の心」という様な事だった。先祖の中には何人か、特別な人も居たようだが、ジイはそういう事を信じていなかった。その言葉は強く印象に残っている。

続きを読む »

まだ出てきた健康食品

昨日はヒマだからと、娘が孫と来た。もうかなりお腹が大きく成っていて、疲れるらしい。やはり実家の方が休めるのだろう、チータンを任せて、よく寝ていた。

最近はキータンも逃げないで、チホと付き合ってくれるように成った。二人が帰ると、キータン共々グッタリ。

今朝はゴミの日。実に良く散らかしてある。適当に片付けて掃除をし、ゴミ出しを終えたら、カアさんのタンスの防虫剤の交換をした。娘とあれほど良く整理をしたのに、幾つもの健康食品が出てきた。夫には生命保険をタップリとかけ、自分は健康食品で生き延びるつもりだったのか。などと言ってやりたいが、ほとんど付き合いでの購入のようだ。

続きを読む »

suikaは使えない

去年、ポリテクセンターに通うためにモバイルSuicaにした。かっこよくスマホで改札口を通りながら、駅中の店での買い物もした。かっこよく便利でもあったが、駅から離れた店では使えないのが残念だった。

急遽カアさんが群大病院に入院してポリテクセンターも途中退所になった。群大病院内の売店や食堂などは、このモバイルSuicaも使えたが、ポイントは貯まらないそうだ。ポンタカードを登録して買い物をすると、院内のローソンでポイントが貯まるそうだ。

面倒くさい話しだ。どうも、楽天ポイントとヤオコーのポイントしか興味がない。

モバイルSuicaにチャージしようとしたら、1年経ったので、年会費1000円が必要と表示が出た。ほとんど使う事はないのに、年会費が必要とは、モバイルSuicaは使えない。即退会して削除。削除しても困る事もないし、これってJR関係者は考えた方が良いのではないか。

「ねこぶだし」を使って

キュウリ漬けねこぶだしで、キュウリの漬け物を作ってみた。塩分が少ないが、ダシが効いて良い味になった。

ねこぶだし は意外と様々な物に使える。和風スープでは昆布出汁の効いた、良い味が出来る。レシピはNHKの『きょうの料理』を参照した。『きょうの料理』で少しずつ料理を始めようと思ったのに、まだ見てなかった。

キュウリは余り好きというほどでもないので、注意力の不足だった。ねこぶだし も手に入ったし、和風の料理で、一人分の勉強もしたい。

“ねこぶだし”TVショッピングで放送中!500ml×6本 日高産の根昆布を使用した話題の逸品!根昆布だし 日高昆布 だし 出汁

価格:3,980円
(2013/7/7 21:44時点)
感想(259件)