派遣という働き方

派遣という働き方に対して、つい少し前の「派遣村」のイメージから、如何なものかと思っていた。しかし、いざ登録をすると、ハローワークよりも真剣に就労先を探してくれるようだ。

登録時には、過去の仕事や家族の事など、以外と詳しく聞かれる。面接中にも、言葉や態度で、ある意味値踏みもしているようにも感じた。しかし、一度面接が済めば、働きたい時間帯や過去のキャリアに合わせた仕事を紹介してくれる。最初は誰にでも出来るような単純な仕事が多いようだが、働き方を見て別の工場にも派遣するようだ。

この会社のHPを見てみたら、長期派遣の後、正社員になる人もいるらしい。若い人には良いが、ある程度高年齢者には、様々な現場で仕事を楽しみたいし、経験のない仕事にも興味がある。

公設のはラーワークは、全国ネットで結ばれているようだが、単に求人表を見せるだけの所の様に感じる。本人の特性や環境まで考えてはくれない。もっとも、根本的には、国の施策が金のバラ巻きによる選挙対策しか考えていないようでは、働く場所自体も無くなってきているようだ。いつか聞いた、「子供手当てよりも、警察力を強くしていかないと、このままでは安心して暮らせなくなる」と、普通の人が言っていた事が実感を持って感じられる。

にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ 人気ブログランキングへ

Leave a Reply