駅での想い出

チョコとキャンディー今日は何処かに出掛けようと、カアさんが車の掃除を始めた。ドアポケットに置いておいた、ある子供達からもらった、チョコとキャンディー、捨てられてしまった。直ぐに拾い出し、改めて袋に入れて車に締まった。

このチョコとキャンディーは、駅での警備の最終日に、二人の女の子からもらった物だ。いつも駅に二人乗りをして来て、注意をしていた。少し不良がかった二人で、派手な服装の中学生達だった。最終日前日の配置が駅で、またこの二人にあった。「いつも大変だね」なんて生意気の事を言っていた。今日が最後で、もう来る事はないだろうが、余り危険な乗り方などはしないようにと、この時にも注意をした。しばらくして、二人が来て、それぞれチョコとキャンディーを1個ずつくれた。「今までのお礼に」なんて事を言っていた。

あの悪ガキども・・・などと思っていたが、やはり子供の心は、大人よりは純粋だったようだ。見かけで人を判断しないようにと、これからも大事にチョコとキャンディーは大切に仕舞っておこう。

にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ 人気ブログランキングへ

Leave a Reply