感情のコントロールが・・・

昨日から、自分自身の感情のコントロールが上手く出来ないように感じる。何となく狭い空間に、猫のキータンと一緒に閉じ込められてしまったようだ。

幾ら時間が経っても、どうしてもカアさんの入院中の姿が忘れられない。生きる目的も、全てが消えてしまい、少しずつキータンと一緒に、その存在が無くなっていくようだ。

時間と共に、あの年寄り達の顔さえ忘れかけていたのに、昨日からワガママな薄笑いのボケ面が浮かんでくる。三人とも長く生きて欲しいと、強く望む。長く生きて、家族親戚からも見放されて、死ぬに死ねない痛みと苦しみとを、永遠に味わえと願う。

やっとこれからという二人の時間を、あの連中は永遠に奪った。最も陰に隠れておとなしく、生活保護を受けながら姉の遺産をため込んでいる、あいつだけは許せない。来る時が来たら、動く事も出来なくなってから、足利市の福祉課に行こう。姉の財産だけではなく、他人の税金までも食い物にしてる、汚い生き方は許さない。

何でもカアさんに頼り、毎日利用してきたあの義母と義母の姉は、頼る者の居ない苦しみを永遠に味わえと願う。ボケが始まり、いよいよ誰も近付かなくなった。体が痛み、食べたい物も出されなくなり、やがて動けなくなり節々の痛みが始まる。まだまだ長生きをして、誰の記憶からも消え去られて、それでも苦しみの中で生き続けろ。あいつらの妹は金に汚い。安くて待遇の悪い施設しか入れないだろう。大勢の人達を利用し、自由勝手気ままに生きてきた、その総決算として、どの様な最後を迎えるのか、楽しみだ。

にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 料理ブログ 食材(料理)へ 人気ブログランキングへ

Leave a Reply